調布駅前にある蒸気機関車の遊具

調布駅前のビックカメラに用事があり、久しぶりに調布に行きました。(2週間ぐらい前。)

せっかく調布に来たのだからと、調布でランチをする事にしました。

カールスジュニア(Carl’s Jr.)

去年調布にオープンしたカールスジュニアに行きました。

写真は、私が頼んだ「ワカモレベーコンアンガスバーガー」です。(アボガド入りのハンバーガーが大好き)

息子は、チキンテンダー(ささみのフライドチキン)とフライドポテトを食べました。

チキンテンダーは少しスパイシーだったのですが、息子は問題なく食べていました。

息子は、スパイシーな味付けは意外と大丈夫みたいです。

こないだ、「チップスター四川風よだれ鶏味」というちょっとピリ辛なポテトチップスも平気で食べていました。

リンク:カールスジュニア(Carl’s Jr.)

グリーンホール前広場の機関車の遊具を気に入ったみたい

お昼を食べた後は、調布駅の南側にあるグリーンホール前の広場に行きました。

昔、大きなタコの滑り台があった場所ら辺です。

そこに機関車の遊具が設置されていました。

カールスジュニアに向かう途中に息子がそれに気付き、遊びたいと騒いだので、食後に向かう事に。

その日は、傘をささ無くても大丈夫なぐらいだったのですが、若干雨が降っていて、遊具が少し濡れていました。

息子は、濡れている事は気にせず、遊具に座ったりして遊んでいました。

客車の窓部分から顔を覗かせてみたり、車輪部分を覗き込んだり、遠巻きに遊具を眺めてみたり。

そんな感じで、息子が遊んでいたら、少し雨が強くなってきました。

息子をベビーカーに乗せて退散しようとしたところ、息子は遊び足らなかったらしく、必死に抵抗。

雨の中、しばらく追いかけっこをしました。

大きすぎると認識しない?

以前、府中市立交通遊園に行った時、そこに展示してある本物の蒸気機関車(D51)を見て、息子は無反応でした。

本物で無反応だったのに、遊具だとこんなにも反応がいいとは。

機関車の形をした、ただ腰掛ける事ができる遊具なのに。

息子の機関車の情報は、おもちゃや絵本からなので、本物の大きさがわかっていないのかもしれません。

それか、大きいと全体像がつかめずに、それが何か認識できなくなるのかも。

リンク:府中市立交通遊園

何か作っているみたい

機関車の遊具の近くに、単管バリケートで囲ってある場所があって、そこに何かを作っているみたいでした。

何ができるのか楽しみです。

おわりに

カールスジュニアに向かう途中で気付いたのですが、調布駅南側にあった、東京エガオ食堂やケンタッキーが入っていたビルが、いつの間にか無くなっていました。

ビルが無くなって、調布駅南側の広場が拡張されていました。

東京エガオ食堂は、昔一人暮らししていた時に、たまに食べに行っていたので、それが無くなったのは、ちょっと寂しいです。