カフェのかき氷

最近(2020年6月〜8月。息子1歳11か月〜2歳1か月)の息子の食べ物に関する出来事や、好き嫌いなどについて書きました。

さや入り枝豆を食べられるように

6月ぐらいから、枝豆を息子に出す時は、さや入りになりました。

それまでは、さやから中身を出して息子に与えていました。

試しにさや入りで息子に出してみたところ、問題なく食べられたので、それから、さや入りです。

初めての時、斬新な食べ方をしてくれるのを、少し期待していたのですが、息子の食べ方は普通でした。

さやごと口にくわえ、歯をうまく使って口の中で豆を出し、豆だけ食べる。

親が食べるのを見て、食べ方を覚えたのかな。

息子の口の中は、意外と器用みたいです。

ただ、まだ力のコントロールが上手じゃないみたいで、たまに強く噛みすぎて、さやが破けていたりします。

あと、手に持った枝豆に、豆が何粒入っているか見ずに食べているのか、息子が食べた後に豆がさやに残っている時があります。

枝豆は、さや付きで出した方が、息子の食いつきがいいです。

おそらく、さやの表面に塩が付いているからだと思います。

息子は、しょっぱいものが好きで、よく醤油皿に指をつけ、指に付いた醤油をなめたりしています。

(たまに塩分取りすぎなのではと、心配になったりします。)

息子はニンジンが好きみたい

何故か息子はニンジンが好きです。

きんぴらゴボウや肉じゃがの、ニンジンだけを取り出して食べたりします。

見た目が色鮮やかなのが一番の理由だと思っています。

そして、味も好き。

ニンジンは、子供が嫌いな野菜の代表格的なイメージがあったのですが、調べてみると最近はそうではないみたいですね。

昔と比べて、子供が食べやすい味に変わったのかな。

同じく色鮮やかなミニトマト

同じく色鮮やかな野菜であるミニトマトも、息子は進んで口に入れます。

ただ、噛んだ後、苦いのか、口から出してしまいます。

そして、口から出した後、それを忘れるのか、また口に入れます。

お子様セットとかにミニトマトが付いていると、息子は、それを何回も繰り返します。

「さっき噛んだ時は苦かったけど、絶対に甘いはず。だってフルーツっぽい色なんだもん。」

とでも息子は思っているのでしょうか。

ミニトマトが付いたお子様セットを頼むと、息子の食べ終わりの時間が、かなり遅くなります。

初めてのカキ氷(イチゴ味)

カフェのかき氷

8月に、カキ氷を出しているカフェでカキ氷を食べました。

(写真は、私が頼んだやつです。息子は、妻が頼んだイチゴ味をシェアして食べました。)

氷にイチゴ味のシロップをかけたら息子が、「スイカ!スイカ!」と言っていました。

その時は、「イチゴなのに、なぜスイカ?」と思いましたが、器に山のように盛られた氷に、赤いシロップがかかっている様が、息子にはスイカに見えたのでしょう。

息子は、カキ氷を食べるのが初めてだったので、「何だ!この冷たい食べ物は!」みたいなリアクションが出るのかなと、少し期待していました。

しかし、息子が食べた時のリアクションはかなり薄かったです。

よく考えたら、カキ氷は初めてだけど、冷たい食べ物は初めてではなかったです。

親が食べているアイスクリームを、欲しがるので与えたり、冷凍ミカンとかもたまに食べさせたりしていたので。