ビーズコースター

最近、息子の会話の内容が複雑化して、伝える事ができる範囲が増えてきました。

たぶん「言葉の爆発期」に入ったんだと思います。

そんな息子(2歳2か月)が9月に成長したと感じたことや、出来事などを書きました。

1人遊びが増えました

今まで息子は、本を読んでと親に要求してきたり、一緒に遊ぼうと親の手を引っ張ったりと、基本的に親と遊びたがっていました。

それが最近少なくなり、1人で遊ぶ事が増えてきました。

息子が1人で遊んでいる時は、ゆっくりテレビを見たりできるので、息抜きができます。

息子が1人で遊ぶときは、おもちゃを、背の低いチェストの上や、床の上に並べている事が多いです。

チェストの上に並べる時は、一直線に並べるだけですが、床の上に並べる時は、地上絵みたいに何かを表現しようとしている感じに並べます。

抱っこが増えました

最近になって息子が頻繁に抱っこを求めるようになりました。

ちょっとでも嫌な事があると、息子は「だっこ!」と言って両手を上げ、抱っこを求めて来ます。

お風呂に入る時、お風呂場のトビラを閉めると不安になるのか、よく抱っこを求めてきます。

最近は、息子を抱えた状態でバスチェアに座って、息子の体を洗ったりしているので、少し洗いづらいです。

湯船に浸かっている時も、息子は私の太ももの上に腰掛け、私に抱きついて来ます。

急にどうしたのやら。

息子に対するスキンシップが足りてないのかな?

飛行機キーンのポーズ

外から家に帰って、息子と手を洗っていたら、息子が突然、「飛行機!」と勢いよく言って、両手を広げました。

ゴルゴ松本の「命!」のギャグに近い感じで。

息子がそれを真剣な顔でやっていたので、私は思わず笑ってしまいました。

そして、両手を広げた状態で息子が、「キーン」という飛行機が飛んでいる時の効果音も付けてくれました。

ドクタースランプアラレちゃんみたいな感じで。

保育園で誰かに教えてもらったのかな?

ちょっと面白かったので、自分以外の人にも披露して欲しいな。

爪切りが楽になりました

今まで息子の爪切りは、息子が寝ている時にやっていました。

息子が起きている時に爪を切ろうとすると、息子が嫌がって暴れて危なかったので。

それが、最近大人しく切らせてくれるようになりました。

今まで息子の爪を切りたい時、少し早めに起きて、息子が起きる前に爪を切る事が多かったです。

それが、いつでも切れるようになったので、少し楽になりました。

爪は大人しく切らせてくれるようになったのですが、毎日やっている歯磨きは未だに暴れます。

早く歯磨きに慣れて、歯磨きの時も大人しくしてくれるとありがたい。

おわりに

最近の息子の抱っこ要求が増えた件は、もしかしたら、「赤ちゃん返り」というやつなのかもしれません。

今まで通り接しているつもりですが、ちょっとした接し方の変化などで、息子がストレスや寂しさを感じているのかも。

そういえば最近、寝る前にあまり息子の相手をせずに部屋を暗くして寝かしつけていました。

まずは、なるべく息子と接する時間を増やしてみて、様子を見ようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。